スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総選挙開催!

2012年07月08日 22:52

え~ご存知の方もいらっしゃると思いますが…

『BLANCO』は東京に3店舗、名古屋に5店舗、岐阜に3店舗、大阪に1店舗あります。

その『BLANCO』 を有するわが社には『AZURA』『SAMSON&DELILA』というブランドサロンも展開しております。全ブランドの直営店、チェーン店を合わせると109店舗にもなるんです!



そこでお知らせです!



来たる7/10から我が社のヘアスタイルフォトコンテストが開催されます♪



その名も…Hair Style IMPRESSION。



まぁAKBでいくと総選挙ですね。是非アクセスしてお好きなヘアスタイルに「いいね!」して下さい♪原宿店スタッフも"センター"目指して頑張りまーす!

www.style-photocontest.info
スポンサーサイト

監禁

2010年06月13日 12:54

先日の夜、家に帰りエレベーターに乗ろうとしたその時!


僕の目の前で一匹のクワガタがこちらに睨みを効かせてました。


大(うわ!クワガタやん!)


と一瞬で童心に還った大輔少年は部屋まで持ち帰る事に。


大「ただいま~。ねーこれ見て!」


と嫁の前にクワガタを差し出しました。


すると…


嫁「うわ!何これ?どうしたん?」


大「ん?下で捕まえてん!」


と意気揚々と言葉を返すと…


嫁「んで…どうするん?逃がすんやろ?」


と。


大「いや、飼うよ!」


嫁「はあ?」


大「…」


嫁「逃がしてあげたら?大ちゃんかて急に誰かに捕まって知らん場所で飼われるようになったら嫌でしょ?



大「…いやや。でも俺は捕まらへんもん!」


嫁「ちゃうねん!捕まらへんとかやなく、捕まったら嫌やろ?ゆうとんねん!」


大「…嫌や」


嫁「だったどーするんがええの?」


大「逃がす…」


と言うことで逃がすことに…


でも最後の悪あがきで部屋の中にあるガジュマルの植木をベランダに出し、そこに乗せることに。


しかしなんちゅう説得のされ方でしょう?この先誰かに捕まって監禁される事が果たしてあるんやろうか?多分…いや絶対無いでしょう。


(あれ?もしかしたら今がその状態なのかも?)


と言う疑問が頭をよぎりますが…。


そしたら今日の朝、ベランダの植木に潜るクワガタの姿を発見!


嫁に報告すると


嫁「クワガタ、何か食べるもんあんの?」


と。


そしてペットボトルのキャップになみなみと注いだメープルシロップとハチミツを置いてきました。


彼(クワガタ)も僕と一緒に飼われる事になりそうです。

長らくお待たせしました

2010年05月26日 13:34

長らく更新が滞ってました。


気が付けば5月に入ってから一度も更新してない…。


こんだけ期間が開くと


(なんて言って再開したらいいのか?)


と要らぬ心配をしてしまいます。


「いや~ちょっと携帯の調子が悪くて~」


とか


「携帯をトイレに落としてアドレスが全部消えちゃったんですよ~」


などという着信やメールに返事し忘れてた友人にばったり会ってしまった時の苦しい言い訳が頭を過ぎりますが…このblogに関しては単純にめんどくさかっただけです。


またちょくちょく書いていくんで覗いて下さい。


先日テレビを観ててうちの嫁さんがバリバリの京都弁で言いました。


嫁「この子ら自分達の″見せ方″知ってはるわ~」


と。ちょうどテレビには某有名美少年事務所のタレントグループが歌を歌って(口パク)ました。


そん時思ったんです。


大(マイクの持ち方にしろ、カメラ目線にしろ、こーゆー事ばっかり練習しとるんやろか…)


でも人々を魅了するアーティストである事には違わ無いのも事実。


・誰かから提供された楽曲を歌い、魅せるアーティスト
・自らの想像力で楽曲を生み出し、表現するアーティスト


どちらも何かを表現する表現者ではあるが僕は後者が好きかな?


このblogも一年間自分なりに表現してきました。


そこで色んな評価(中には批判も…)も頂きました。


そしてこの一ヶ月更新が滞ってみて感じる事。


『やっぱり表現する事って楽しい!』


って事。そしてこんなテキトーなblogでも楽しみに待っててくれる人が居る事。


いつも読んでくれてありがとうございます。


そしてこれからもよろしくお願いします。


追伸
blogの滞りを見て(こいつなんか悩んでんじゃ無いか?)と連絡くれた皆様、ありがとう!基本大丈夫でーす!

時を経たモノに宿る″美″

2010年04月30日 00:50


ここ最近続いてる″ブーツ熱″は暖かくなった今でもとどまる事はありません。


最近の僕のテーマが『働く男』


色んなシーンで働く男達の足元を守るブーツがお気に入りなんです。


そんな中、一ヶ月位前から気になって捜索してたのが…


『40~50年代のUS ARMYのコンバットブーツ』


例によって今から60~70年前の代物。


先週高円寺で発見するも…あまりにも高い値段に断念。


しかしその2日後オークションで見つけ、見事落札。


高円寺の8分の1の値段で手に入れる事が出来ました。


50年代のミリタリーブーツはこれまでも2足持ってましたが、2足とも黒やったから今度のは茶色。しかもハイトが10インチと長め。


ラスト(木型)はミリタリーラスト。ほんとミリタリーラストは履きやすい。


ミリタリーラストとは兵士が色々なシチュエーションの中、長時間歩いても疲れないよう人間工学に基づいて作られた木型なんです。


よって長時間立ち仕事の僕には持ってこい。


昔のミリタリーブーツはアメリカの有名靴ブランドが作ってた為、クオリティはお墨付きなんです。


今回も購入後、自分なりのやり方で靴のお手入れをしました。


お風呂場でサドルソープを使ってお洗濯。靴の中までシャワーを使ってホコリや汚れを洗い流します。


その後自然乾燥。


そして半乾きの状態でオイルをたっぷりと塗り込む。


もう一度しっかりと乾燥させ、最後に革が吸収仕切らない余分なオイルを拭き取り、仕上げは馬毛のブラシでブラッシングして終了。


実際の兵士達はブーツの防水性を高める為もあり、オイルやパラフィンをたっぷりと塗り悪天候を凌いだそうです。


そんな″ストーリー″が詰まったミリタリーブーツ。


新品には到底出せない60年分のアジも魅力です。


やっぱり時を経ても支持されるモノには一貫性があるんだ、と感じさせられます。


デザインだけでは無く、その裏側に潜むコンセプトとテクニック。


良いモノは何年経っても良いんですね。


僕も美容師としてそんな作品を残して行きたいと思います。


そして最近気になってるのが『インダストリアル家具』


40年代前後のアメリカの工業用の家具。


これもデザインとコンセプト、テクニックのバランスがとても良いんです。


今の部屋には全然合わんけど…。


また趣味が増えそうです。

経年変化

2010年04月25日 08:23


今日南青山の店長JO君が見せてくれた一枚の写真。


一瞬


(えっ?誰?)


と…。


なんなら


(どこの男前?)


と。


実は8年前の僕。


8年という歳月は人をここまで変えてしまうのか…。


この写真を見たアシスタントが


「カッコ良かったんですね~」


と完全に過去形…。


悲しくもあり、嬉しくもある出来事でした。


うん、痩せよ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。