スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際交流

2009年12月24日 09:09

何故か僕のお客様には″台湾出身″の方がめちゃくちゃ多いんです。


一人の子が気に入ってくるたら…


増える増える…。


ネ〇ミ講ばりの増え方なんです。


昨日も先週初めて担当した子の紹介で二人の台湾出身のお客様がご来店。


一人は来日2ヶ月。日本語少々。


もう一人は全く日本語が喋れない。喋れるのは英語と中国語。


こーなってくるとやはり問題なのはコミュニケーションです。日常会話ならなんとかいけますが、髪型の話しとなると…。髪を再現する技術があってもイメージが共有出来へんとねー。


しかし


高校時代の事がフッと蘇って来るじゃないですか!


国際問題に興味があった僕。


高校1年生の時に『中国語研究部』
高校2、3年生の時に『英会話クラブ』に所属していたんです。


二人に対して


「シェイシェイ(ありがとう)」


と。そこで間髪入れずに


「ウォーシー(私は)」
「ウォーメン(私達は)」


と全く会話を無視した中国語を披露。


二人は


「なんで~?すご~い!」

と。俄然調子に乗り掛けるが…


僕の中国語の知識は修了。


残りの時間は「OK」以外全て日本語で対応しました。


少しの知識だけしか無くても伝えよう!って想いがあれば通じるんですね。


国際問題になんて全く興味が無く、入る所が無かったから友達としょうがなく入った『中国語研究部』


そして高校の中で″ロカビリー″を愛する先輩達が集結してた『英会話クラブ』


少しの知識をありがとう。後は想いで頑張ります!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。