スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キキマチ・ガイ

2009年10月22日 00:26

今日フロントで


えっちゃん(通称ドリアン城田…入社当時カットを頼まれたのでトップの長さを2cm位にしました…するとドリアンそっくりに…)





どんちゃん(めちゃくちゃやり手でめちゃくちゃ堂本剛好きのレセプショニスト)


と話しをしてた時にこんな昔話を思い出しました。


僕が大阪のスタジオVでアシスタントをしてた時、一本の予約電話を取りました。


客「〇〇さんで予約取りたいんだけど…、△月△日の□時、大丈夫?」


予約帳を素早く確認!
(僕、なかなか出来るアシスタントだったんです)


僕「はい!大丈夫です。この日はいかがなさいますか?」


客「この日はサカイマキにしたいんだけど…」


僕「坂井真紀みたいな感じですね、かしこ…」


まで言ったら若干食い気みで


客「″みたい″じゃなくてしっかりとしたサカイマキ!」


僕「は、はい…かしこまりました。△月△日の□時でお待ちしております…」


と受話器を置き、予約帳にお客様の″お名前″と″坂井真紀希望″と記入。


blogをお読みの方はもうお気づきでしょうか?


実は


″サカイマキ″


で無く


″坂井真紀″


でも無い。そう…


″夜会巻き″


だったんです…。


美容に携わり、何年か経ってましたが未だこの時点で僕″夜会巻き″を知らなかったんです。


担当者はビックリした事でしょう。


(今日は〇〇さん、″坂井真紀″そっくりにしちゃおっかな~?)


なんてご来店を待ってたらまさかの″夜会巻き″ですから…。


人の話しはしっかり聞きたいと思います。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://blancodaisuke.blog81.fc2.com/tb.php/146-78757a56
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。