スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんな弟…

2009年12月04日 08:42

今日はそんなお化けにめっぽう弱い弟、そしてそれを取り巻く桑原家の話。


うちの実家は週刊誌の片隅の記事やテレビのちょっとした情報で生活スタイルがガラッと変わっていました。


それはアトピーに良いと聞けば…


・全員ルイボスティーを飲む

・全員どくだみ茶を飲む

・風呂にはニンニクが浮かんでて風呂あがりでも家族全員がニンニク臭い…


などなど数え切れないくらいです。


それもハンガーと対話が出来る弟がかなりひどいアトピーだったんです。


肌は赤黒く、いつも腫れぼったく、眉毛やまつ毛もうすくなってしまってました。


夏場は腕などが膿んでしまい、暑い中でも包帯ぐるぐる巻きで生活する日もありました。


僕らもボリボリ肌を掻く弟を見る度に


僕「おい!あんまり掻くなてー」


弟「解っとるてー(ボリボリボリ…)」


そんな光景が当たり前になってたんですが、前に父親からこんな昔話を聞きました。


ある日、ちょっとした喧嘩から弟が泣きながら


「誰も僕の辛さはわからない」


と…。父親は愕然としたみたいです。


そこで父親は


「あなたの気持ちはわからないかもしれない…ただあなたを想う気持ちは誰にも負けない、あなた以上にあなたの事を想っている」


と。


その後ハンガー野郎はテレビで見た高知県土佐清水の病院に入院し、その後かなり症状はよくなりました。


今でもアトピーは残っていますが大学時代に見つけた夢、映像の世界で「遅刻は文化だ!」と迷言を残しながら頑張ってます。


そして何より、誰よりも人の痛みがわかる優しくて強いハンガーに成長してます。


もうすぐお正月。また桑原家が無事に顔を合わせられる事に感謝です。


そして弟(35)が今年も変わらず妹(27)に空手の技を繰り出すのが見られる事も…。


新年もまたオカンに怒られよう!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://blancodaisuke.blog81.fc2.com/tb.php/172-68f85687
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。