スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このblog見えてます?

2010年02月10日 21:51

先日、東京オフィスの″教祖″こと…島田君とミーティングをしていました。


ミーティングの終盤で


「大輔さん、こんなの知ってます?」


とi phoneをいじり出す島田君。


そして意気揚々と


島「これ(音)、オッサンには聞こえないらしいんですよー」


と自分(島田君)が聞こえ無いんやから更にオッサンの大輔さんには聞こえるはずが無い!と言わんばかりにi phoneを突き付けて来ました。


(キ~ン)


大「聞、聞こえるんですけど…」


島「えっ!?ど、どんな音ですか…?」


(はは~ん…。僕よりお前の方がオッサンっちゅう事やな。まぁオッサンのお前には一生聞こえる事は無いんやろーなー)


と島田君を可哀相に思いつつ、自分なりに聞こえて来た「キ~ン」って音を説明。


ここで問題なのがもし僕の発する「キ~ン」って音が島田君に聞こえるのかどうか?


あのi phoneから聞こえた「キ~ン」って音をリアルにやればやる程、オッサンの島田君には聞こえ無いはず…。


これは難しい…。


オッサンに聞こえる様に嘘の「キ~ン」を発するか


聞こえ無くても良いから「どんな音か教えて下さい!」と言った島田君の要望に答える為に本気の「キ~ン」を発するか…。


僕は前者を選択。


僕が発する嘘の「キ~ン」を聞いて喜ぶ島田君。


ただ本当の「キ~ン」をこのオッサンは一生聞く事は無いのでしょう。


という事はこの世の中で聞こえてると思ってた″音″や見えてると思ってた″モノ″も全員同じ認識じゃあ無いのかも?


じゃあ今僕の目の前に座る


高田延彦と井上康生を足して2で割ったようなサラリーマンも僕にしか見えんのか?


そしてこのblogも…。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://blancodaisuke.blog81.fc2.com/tb.php/196-95f04f66
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。